ED薬ってどのくらい効果があるの?

それまで症状がなかったのに勃起障害になったときには、それを治療するための薬を使う必要があります。こうしたED薬にはいくつかの種類がありますがどの薬を使っても持続的な効果を期待することが可能です。
例えば、世界的に有名なバイアグラは使用することによって持続時間が5時間程度続くことになります。ED薬で5時間程度の持続時間はごく一般的で、他の薬では24時間以上の効果を見込むことが出来るものもあるのです。
ED薬の基本は、陰茎海綿体の働きを活性化させることにあります。勃起のメカニズムは解明されており、陰茎に血液が流れない身体になっていると絶対に勃起を改善することは出来ません。勃起は血液の動きによって生じるものであるため、ED薬はこの血液の流れを良くするために存在するものなのです。
バイアグラなどの薬を使って効果があるのもそうした理由が一つです。もちろん、ただ薬を飲むだけすぐに勃起することが出来るわけではありません。どのような薬を使っても使用後には性的刺激や性的興奮が必要です。刺激があって初めて血流が良くなるので、そのことをきちんと理解してからED薬を使うことが大事なのです。
また、治療薬の効果の持続時間は薬を服用した前後の状況によっても大きく異なります。仮に、薬を服用した後に薬とあわない食事をとったりアルコールをとったりしていると薬の効果が短くなることがあります。これは、どのED薬でも同じで薬を使うときには食事をとらないようにすることが大事です。薬の服用前後で食事をすると予測できない余計な効果が生まれるため、気をつけておくことです。
このように、ED薬の効果は持続的に継続するものなので長期間効果を実感することが可能です。

ED薬で自信を取り戻せ

男性におけるSEXの悩みで多いのはEDです。
インポテンツ、勃起不全などと言われる症状であり、SEXを快適に楽しむだけの勃起力を維持できないものです。ペニスがこんにゃく状態では挿入が難しいですし、挿入してもあまり快感を得ることができません。
挿入前はフル勃起状態であり、挿入後に萎えてしまう場合もEDと呼びます。また、マスターベーションでは元気になるけど、SEXでは萎えてしまう場合もEDに該当します。ペニスが立つかどうかではなく、SEXするときに元気にならない状態をEDと呼んでいるのです。
EDは男性の自信を奪ってしまう症状なので、ED薬を服用して改善していくしかありません。ED薬には現在、バイアグラ、レビトラ、シアリスの3種類があり、医療機関で検査を受けると自分に合ったタイプを処方してくれます。人により飲める薬、飲めない薬がありますので、自己判断でバイアグラを服用したいと医師に話しても、その通りになるとは限りません。
ED薬のメリットは、飲むだけでペニスが元気になることです。
ペニスに直接塗り込むクリームもありますが、ベタベタした感触を嫌がるパートナーは多いです。軽い麻痺を起こして感度が低くなり、男性の快感が弱くなるケースもあります。
ED薬を服用すると、飲んだから大丈夫という安心感も生まれます。薬というのは思い込みだけで効き目が大きく変わってくるのです。効かないと思って飲めばあまり効果は出ませんが、非常に効くと思えば効き目が高くなるものです。偽薬の風邪薬を飲まされても、効いているような気分になるのと同じです。
ペニスが元気になりコンプレックスが解消されると、それによりEDが改善に向かうこともあります。
ED治療には男性が自信を持つことも非常に大切なのです。

副作用の少ないED薬

ED薬は、副作用が少ない薬だと言われています。
初期のED薬バイアグラは作用が強めの薬で、そのために顔のほてりなどの副作用が出やすかったですが、今ではもっと効果がマイルドなものが登場しています。
第三の治療薬では、効果持続時間が長く作られているために、効果がマイルドで副作用も軽減されています。
ED薬を使う時によく心配されているのが、依存性です。依存とは生活に支障をきたすほど対象に対してのめり込んでしまう状態を指します。つまり、たくさん使っていても本人の生活が害されていないのであれば依存ではないのです。
ED薬を使うのは、性行為の前後だけです。持続時間が長いものになると1日半効果が持続しますが、それも性的な刺激を受けた時にのみ勃起するので、生活に支障ありません。
普段からずっと飲む薬ではなく、必要な時だけ飲めば良いので、依存の心配はほとんどありません。
使い続けなければならないかというと、そういうわけではありません。実際、ED薬を使って自信を回復すると、心因性のEDは自然に治ることが多いです。体が原因の器質性のEDの場合には自分で体の不具合を改善する努力が必要になりますが、それも治療薬を使いながらゆっくり取り組めばよいということで気持ちに余裕を持って取り組むことが可能です。
副作用は少ないですが、狭心症の治療薬を飲んでいる人はED薬の使用は禁忌になっています。硝酸剤と言われている薬で、飲み薬や舌下錠の他に、塗り薬やスプレーとも併用禁忌になっています。一緒に使ってしまうと血圧が下がりすぎて最悪の場合心肺停止の危険性もあります。
もし狭心症の治療を受けているのならば、必ず医師に伝えることが必要です。症状に合わせて治療法を変えてくれる可能性があります。
人気のシアリスは通販がベスト
バリフでセックスレスを解消



トップページへ